日本ソフトウェア科学会 第31回大会

プログラム

受付:IB電子情報館中棟講義室前.IB電子情報館中棟の会場に関しては建物名の記述を省略しています.

9月7日(日) 9月8日(月) 9月9日(火) 9月10日(水)
時刻 IB014 IB015 南棟295演習室 IB011 IB013 IB014 IB011 IB013 IB014 IB011 IB013 IB014
10:00 PPL
サマースクール
一般 (1) PPL (1) PPL (4) 一般 (5) PPL (6)
10:15
10:30 rePiT (1) ソフトウェア (1) rePiT (4) FOSE
10:45
11:00
11:15
11:30
11:45
12:00
12:15
12:30
12:45
13:00
チュートリアル:
ソフト
ウェア
品質向上活動
における
プロダクト
レビュー
の役割と効果
13:15 FTD 2014
第1部 13:20-14:40
第2部 15:00-17:00
一般 (6) PPL (7)
13:30 招待講演:河口信夫(名古屋大学)
大講義室
大会委員長理事長挨拶,表彰式
大講義室
13:45
14:00 チュートリアル:
定理証明支援系
Coq入門
招待講演:寺内多智弘(北陸先端大)
大講義室
14:15
14:30
14:45 一般 (2) rePiT (2) PPL (2)
15:00
15:15 ソフトウェア (2) 一般 (4) PPL (5)
15:30 一般 (7) MACC 一般 (8)
15:45
16:00
16:15
16:30 一般 (3) rePiT (3) PPL (3)
16:45
17:00 デモ・ポスターセッション
講義室前プレゼンスペース
17:15
17:30
17:45
18:00
18:30 懇親会
講義室前プレゼンスペース
(18:30-20:30)

招待講演

河口信夫(名古屋大学): スマートステーションを実現する屋内空間情報サービス

9月8日(月) 13:30-14:30 (大講義室)

屋外での位置情報サービスは広く普及しているが、屋内空間での位置情報サービスには、まだまだ発展の余地がある。
本講演では、駅や地下街などの公共空間を対象として屋内空間のスマート化を目指す「スマートステーションなごや」プロジェクトを紹介する。

寺内多智弘(北陸先端大):プログラム検証とインバリアント生成

9月9日(火) 14:00-15:00 (大講義室)

CEGARによるソフトウェアモデル検査など多くの近年のプログラム検証において共通して使われる技術の一つが、
有限の深さまで展開されたプログラムスライスを解析し(帰納的)インバリアント候補を推論する、というプロセスである。
本講演では、この技術について基本的な解説を行い、またいくつかの課題についても述べる。
特に、近年主流となりつつある「ホーン節制約解消」による手法に焦点を置き解説を行う。

トップカンファレンス特別講演

A Short Cut to Parallelization Theorems

  発表セッション:PPL (1)
  ○Akimasa Morihata (The University of Tokyo)
  (ACM ICFP 2013にて発表)

Structural Recursion for Querying Ordered Graphs

  発表セッション:PPL (3)
  ○Soichiro Hidaka (National Institute of Informatics)
  Kazuyuki Asada (The University of Tokyo)
  Zhenjiang Hu (National Institute of Informatics)
  Hiroyuki Kato (National Institute of Informatics)
  Keisuke Nakano (University of Electro-Communications)
  (ACM ICFP 2013にて発表)

Parametric Effect Monads and Semantics of Effect Systems

  発表セッション:PPL (4)
  ○Shin-ya Katsumata (Kyoto Univeristy)
  (ACM POPL 2014にて発表)

GPUvm: Why Not Virtualizing GPUs at the Hypervisor?

  発表セッション:一般 (5)
  Yusuke Suzuki (Keio University)
  Shinpei Kato (Nagoya University)
  Hiroshi Yamada (Tokyo University of Agriculture and Technology)
  ○Kenji Kono (Keio University)
  (USENIX ATC ’14にて発表)

Controlled Modeling Environment using Flexibly-Formatted Spreadsheets

  発表セッション:FOSE
  Hisashi Miyashita (Cybernet Systems and IBM Research)
  Hideki Tai (IBM Research)
  ○Shunichi Amano (IBM Research)
  (ACM ICSE 2014 (main research track)にて発表)

SML# in Industry: A Practical ERP System Development

  発表セッション:PPL (6)
  ○Atsushi Ohori (Tohoku University)
  Katsuhiro Ueno (Tohoku University)
  Kazunori Hoshi (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  Shinji Nozaki (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  Takashi Sato (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  Tasuku Makabe (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  Yuki Ito (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  (ACM ICFP 2014にて発表)

Two Case Studies for Trading Multiple Indivisible Goods with Indifferences

  発表セッション:一般 (6)
  Akihisa Sonoda (Kyushu University)
  Etsushi Fujita (Kyushu University)
  ○Taiki Todo (Kyushu University)
  Makoto Yokoo (Kyushu University)
  (AAAI-14にて発表)

Intelligence Arms Race: Delayed Reward Increases Complexity of Agent Strategies

  発表セッション:一般 (6)
  ○Hirotaka Osawa (University of Tsukuba)
  (AAMAS 2014にて発表)

大会企画

FTD 2014 (Future Technology Design) ~未来をつくる素晴らしいソフトウェアのアイデアを世界に~

「小学生」,「笑顔」,「命」,そして「飛行ロボット」,さまざまな分野でソフトウェアに関する素晴らしいアイデアをもっている7組の講演者たちが登場予定です.この講演者たちの記憶に残る10分間のプレゼンを身近で経験してみませんか?

研究発表

一般セッション (1):形式手法

9月8日(月) 10:00-12:00 (IB011)  座長:田辺良則(国立情報学研究所)

[一般1-1] 形式言語CSP#によるSysMLステートマシン図の形式化
  ○安藤 崇央(九州大学 大学院システム情報科学研究院)
  谷津 弘一(九州大学 大学院システム情報科学研究院)
  孔 維強(九州大学 大学院システム情報科学研究院)
  久住 憲嗣(九州大学 システムLSI研究センター)
  福田 晃(九州大学 大学院システム情報科学研究院)

[一般1-2] スマホ・アプリの電力消費振る舞いと検査性質の表現
  ○中島 震(国立情報学研究所)

[一般1-3] 協調的リアクティブシステムの合成手法
  ○冨田 尭(東京工業大学大学院情報理工学研究科)
  上野 篤史(東京工業大学大学院情報理工学研究科)
  萩原 茂樹(東京工業大学大学院情報理工学研究科)
  米崎 直樹(東京工業大学大学院情報理工学研究科)

[一般1-4] 情報制御システムにおける段階的検査法を用いたモジュラ検証
  ○宮島卓巳(茨城大学)
  小飼敬(茨城工業高等専門学校)
  上田賀一(茨城大学)
  山形知行(株式会社 日立製作所)
  武澤隆之(株式会社 日立製作所)

rePiTセッション (1)

9月8日(月) 10:30-12:00 (IB013)  座長:楠本真二(大阪大学)

[rePiT1-1] 女性IT技術者の育成を目指して―enPiT女性部会WiTの活動を中心に―
  ○櫻井浩子(大阪大学)
  森本千佳子(東京工業大学)
  渡辺知恵美(筑波大学)
  木塚あゆみ(公立はこだて未来大学)
  永瀬美穂(産業技術大学院大学)
  中島明日香(NTTセキュアプラットフォーム研究所)

[rePiT1-2] RDFとユーザプロファイルを用いたPBL向け情報推薦手法
  ○藤原 哲(公立はこだて未来大学大学院)
  大場みち子(公立はこだて未来大学)
  山口 琢(公立はこだて未来大学)
  奥野 拓(公立はこだて未来大学)
  伊藤 恵(公立はこだて未来大学)

[rePiT1-3] IoTを題材としたPBLの実施と分析
  細合 晋太郎(九州大学大学院システム情報科学研究院システム情報科学府 高度ICT 人材教育開発センター)
  石田 繁巳(九州大学大学院システム情報科学研究院システム情報科学府 高度ICT 人材教育開発センター)
  亀井 靖高(九州大学大学院システム情報科学研究院システム情報科学府 高度ICT 人材教育開発センター)
  ○大迫 周平(九州大学大学院システム情報科学研究院システム情報科学府 高度ICT 人材教育開発センター)
  井垣 宏(大阪大学)
  鵜林 尚靖(九州大学大学院システム情報科学研究院システム情報科学府高度ICT 人材教育開発センター)
  福田 晃(九州大学大学院システム情報科学研究院システム情報科学府高度ICT 人材教育開発センター)

PPLセッション (1):並列処理

9月8日(月) 10:00-12:00 (IB014)  座長:八杉昌宏(九州工業大学)

[PPL1-1] (特別講演)A Short Cut to Parallelization Theorems
  ○Akimasa Morihata (The University of Tokyo)
  (ACM ICFP 2013にて発表)

[PPL1-2] 限定継続演算子の拡張およびそれを用いた並列向け領域特化言語群の実現
  ○山口 洋(東京大学)
  千葉 滋(東京大学)

[PPL1-3] Locality-Aware Parallel Iterative Tree Traversal
  ○Shigeyuki Sato(The University of Electro-Communications)

[PPL1-4] 依存関係をもった並列タスクのための動的グループバリア同期とその効率的な実装
  ○夏澄彦(東京大学)
  佐藤芳樹(東京大学)
  千葉滋(東京大学)

一般セッション (2):プログラミング学習

9月8日(月) 14:45-16:15 (IB011)  座長:脇田建(東京工業大学)

[一般2-1] LablGtk2を用いたuniverse teach packの実装
  ○上原 千裕(お茶の水女子大学理学部情報科学科)
  浅井 健一(お茶の水女子大学理学部情報科学科)

[一般2-2] プログラミング作業過程の動画を用いたプログラミング学習の試み
  ○杉本 識吏(公立はこだて未来大学)
  伊藤 恵(公立はこだて未来大学)

[一般2-3] Schemeによる3D図形の構成的制作
  ○古川孝太郎(京都大学大学院)
  坂東宜昭(京都大学大学院)
  糸山 克寿(京都大学大学院)
  吉井和佳(京都大学大学院)
  奥乃博(京都大学大学院)

rePiTセッション (2)

9月8日(月) 14:45-16:15 (IB013)  座長:粂野文洋(日本工業大学)

[rePiT2-1] OJLによる実践的組込みシステム教育
  ○舘 伸幸(名古屋大学)
  山本雅基(名古屋大学)
  吉田則裕(名古屋大学)
  高嶋博之(名古屋大学)
  海上智昭(名古屋大学)
  安藤友樹(名古屋大学)
  松原 豊(名古屋大学)
  本田晋也(名古屋大学)
  高田広章(名古屋大学)

[rePiT2-2] ハイブリッド人材育成のための基礎学習に関する一考察
  野尻 梢(慶應義塾大学)
  ○廣瀬 雅治(慶應義塾大学)
  山内 正人(慶應義塾大学)
  砂原 秀樹(慶應義塾大学)

[rePiT2-3] モダンなソフトウエア開発者育成のための技術教育
  ○中鉢 欣秀(産業技術大学院大学)

PPLセッション (2):文脈指向プログラミングと制約プログラミング

9月8日(月) 14:45-16:15 (IB014)  座長:森畑明昌(東京大学)

[PPL2-1] Visibility of Context-oriented Behavior and State in L
  ○Robert Hirschfeld(Hasso-Plattner-Institute, University of Potsdam)
  Hidehiko Masuhara(Tokyo Institute of Technology)
  Atsushi Igarashi(Kyoto University)
  Tim Felgentreff(Hasso-Plattner-Institute, University of Potsdam)

[PPL2-2] アクターモデルに基づく並行文脈指向プログラミング機構の実装と評価
  ○竹野創平(東京工業大学)
  渡部卓雄(東京工業大学)

[PPL2-3] 制約解集合プログラミングシステムの設計方式に関する考察
  ○宋 剛秀(神戸大学情報基盤センター)
  則武 治樹(神戸大学大学院システム情報学研究科)
  番原 睦則(神戸大学情報基盤センター)
  田村 直之(神戸大学情報基盤センター)
  井上 克巳(国立情報学研究所)

一般セッション (3):ユーザ支援

9月8日(月) 16:30-18:00 (IB011)  座長:丸山勝久(立命館大学)

[一般3-1] コード生成を用いたフレームワーク向けWebアプリケーション開発支援ツールの作成
  ○京谷 和明(公立はこだて未来大学)
  伊藤 恵(公立はこだて未来大学)

[一般3-2] 研究エピソードネットワークに基づくスライド検索
  ○加藤 雄大(名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻)
  白松 俊(名古屋工業大学大学院情報工学専攻)
  大囿 忠親(名古屋工業大学大学院情報工学専攻)
  新谷 虎松(名古屋工業大学大学院情報工学専攻)

[一般3-3] ドキュメントレビュー結果を利用したテスト項目作成システムの開発
  ○加藤 武文(公立はこだて未来大学)
  大場みち子(公立はこだて未来大学)
  藤原哲(公立はこだて未来大学)

rePiTセッション (3)

9月8日(月) 16:30-18:00 (IB013)  座長:井垣宏(大阪大学)

[rePiT3-1] ハッカソン形式の実践的IT教育の実施報告
  ○坂本一憲(国立情報学研究所)
  田辺良則(国立情報学研究所)

[rePiT3-2] 筑波大学大学院におけるIT実践力育成の施策と評価
  ○山戸 昭三(筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻)
  北川 博之(筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻)
  田中 二郎(筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻)

[rePiT3-3] enPiT SecCap: Comparison of Japanese Practical Security Education with one of the US
  ○Takao Okubo(Institute of Information Security)

PPLセッション (3):グラフ処理

9月8日(月) 16:30-18:00 (IB014)  座長:浜名誠(群馬大学)

[PPL3-1] (特別講演)Structural Recursion for Querying Ordered Graphs
  ○Soichiro Hidaka (National Institute of Informatics)
  Kazuyuki Asada (The University of Tokyo)
  Zhenjiang Hu (National Institute of Informatics)
  Hiroyuki Kato (National Institute of Informatics)
  Keisuke Nakano (University of Electro-Communications)
  (ACM ICFP 2013にて発表)

[PPL3-2] Engineering Shortest Regular Category-Path Queries
  ○Le-Duc Tung(The Graduate University for Advanced Studies (SOKENDAI))
  Kento Emoto(Kyushu Institute of Technology)
  Zhenjiang Hu(National Institute of Informatics)

[PPL3-3] パターン定義によるマッチングを導入したグラフ書換え言語とその実装
  ○奈良耕太(早稲田大学理工学研究科)
  上田和紀(早稲田大学理工学術院)

ソフトウェア論文セッション (1)

9月9日(火) 10:30-12:00 (IB011)  座長:馬谷誠二(京都大学)

[ソフト1-1] Scala上で実現されたSAT型制約プログラミングシステムのための開発ツール
  ○宋 剛秀(神戸大学情報基盤センター)
  番原 睦則(神戸大学情報基盤センター)
  田村 直之(神戸大学情報基盤センター)

[ソフト1-2] Code2Xml:ソースコードと構文木の相互変換を実現するパーサコレクション
  ○坂本一憲(国立情報学研究所)

[ソフト1-3] まねっこダンス:真似て覚えるプログラミング学習ツール
  ○坂本一憲(国立情報学研究所)
  高野孝一(株式会社オービック)
  本田澄(早稲田大学)
  音森一輝(早稲田大学)
  山崎頌平(早稲田大学)
  鷲崎弘宣(早稲田大学)
  深澤 良彰(早稲田大学)

rePiTセッション (4)

9月9日(火) 10:30-12:00 (IB013)  座長:吉岡信和(国立情報学研究所)

[rePiT4-1] 過去のPBLの開発履歴を活用したPBL運用支援
  ○伊藤 恵(公立はこだて未来大学)
  木塚 あゆみ(公立はこだて未来大学)
  奥野 拓(公立はこだて未来大学)
  大場 みち子(公立はこだて未来大学)

[rePiT4-2] テキストマイニングによるPBL発表会評価アンケート傾向分析
  ○大迫 周平(九州大学)
  孔 維強(九州大学)
  亀井 靖高(九州大学)
  細合 晋太郎(九州大学)
  石田 繁巳(九州大学)
  鵜林 尚靖(九州大学)
  福田 晃(九州大学)

[rePiT4-3] enPiTにおける教育効果測定の実践と評価
  ○山本雅基(名古屋大学)
  小林隆志(東京工業大学)
  宮地充子(北陸先端科学技術大学院大学)
  奥野拓(公立はこだて未来大学)
  粂野文洋(日本工業大学)
  櫻井浩子(大阪大学)
  海上智昭(名古屋大学)
  春名修介(大阪大学)
  井上克郎(大阪大学)

PPLセッション (4):型システム

9月9日(火) 10:00-12:00 (IB014)  座長:長谷川真人(京都大学)

[PPL4-1] (特別講演)Parametric Effect Monads and Semantics of Effect Systems
  ○Shin-ya Katsumata (Kyoto Univeristy)
  (ACM POPL 2014にて発表)

[PPL4-2] 分割できながら等価:型レベル・エイリアス
  ○Jacques Garrigue(名古屋大学)

[PPL4-3] 代数的データ構造を扱う関数型プログラムの検証法
  ○岡本大輔(筑波大学)
  海野広志(筑波大学)

[PPL4-4] コード生成のための自然演繹
  ○須藤悠斗(筑波大学コンピュータサイエンス専攻)
  Oleg Kiselyov(筑波大学コンピュータサイエンス専攻)
  亀山幸義(筑波大学コンピュータサイエンス専攻)

ソフトウェア論文セッション (2)

9月9日(火) 15:15-16:45 (IB011)  座長:小宮常康 (電気通信大学)

[ソフト2-1] REMViewer:複数回実行されたJavaメソッドの実行経路可視化ツール
  ○松村 俊徳(大阪大学大学院情報科学研究科)
  石尾 隆(大阪大学大学院情報科学研究科)
  鹿島 悠(大阪大学大学院情報科学研究科)
  井上 克郎(大阪大学大学院情報科学研究科)

[ソフト2-2] シーケンス図を用いたモデル検査支援ツール
  ○後藤隼弐(フェリカネットワークス株式会社)
  吉岡信和(国立情報学研究所)

[ソフト2-3] RepositoryProbe: リポジトリマイニングのためのデータセット作成支援ツール
  ○高澤 亮平(早稲田大学)
  坂本 一憲(国立情報学研究所)
  鷲崎 弘宜(早稲田大学)
  深澤 良彰(早稲田大学)

一般セッション (4):データ構造とプログラミング

9月9日(火) 15:15-16:45 (IB013)  座長:南出靖彦(筑波大学)

[一般4-1] Towards A Trace-based Approach to Increasing the Comprehensibility and Predictability of Bidirectional Graph Transformations
  ○Soichiro Hidaka(National Institute of Informatics)
  Martin Billes(Augsburg University)
  Quang Minh Tran(Daimler Center for IT Innovations, Technical University of Berlin)

[一般4-2] RePair流高階圧縮アルゴリズムの最適化
  ○武田広太郎(東京大学大学院情報理工学系研究科)
  小林直樹(東京大学大学院情報理工学系研究科)
  松田一孝(東京大学 大学院情報理工学系研究科)

[一般4-3] SGL Hierarchical Bridging Model for Parallel Programming
  ○LI Chong(National Institute of Informatics / Université Paris-Est, France)
  HAINS Gaétan(Université Paris-Est, France / INSA Centre, France)

PPLセッション (5):非決定性とスケジューリング

9月9日(火) 15:15-16:45 (IB014)  座長:勝股審也(京都大学)

[PPL5-1] 公平な並列実行のためのゲーム意味論
  ○西村進(京都大学大学院理学研究科)

[PPL5-2] Observational Equivalence Using Schedulers for Quantum Processes
  Kazuya Yasuda(University of Tokyo)
  Takahiro Kubota(University of Tokyo)
  ○Yoshihiko Kakutani(University of Tokyo)

[PPL5-3] Prolog再考: 急がないで推測
  ○Oleg Kiselyov(Tsukuba)
  亀山幸義(Tsukuba)

デモ・ポスターセッション

9月9日(火) 17:00-18:00 (講義室前プレゼンスペース)

[ポスター-1] Coqを使ったライン型ネットワークトポロジー上でのCCNのモデル化と検証について
  森嶋 崇(関西学院大学)
  後藤 瑞貴(関西学院大学)
  高橋 和子(関西学院大学)

[ポスター-2] ページ回収によるOSノイズを削減するシステム
  高橋 秀明(電気通信大学)
  高橋 一志(電気通信大学 / JST, CREST)
  大山 恵弘(電気通信大学 / JST, CREST)

[ポスター-3] 拡張可能で安全な統合言語クエリ
  鈴木 健一(筑波大学コンピュータサイエンス専攻)
  オレッグ・キセリョーヴ(筑波大学コンピュータサイエンス専攻)
  亀山 幸義(筑波大学コンピュータサイエンス専攻)

[ポスター-4] PBL向けフォーマル/インフォーマルをまたがる学習サービス
  大場 みち子(公立はこだて未来大学)
  山口 琢(公立はこだて未来大学)

[ポスター-5] 妥当なPCLA表現の帰納的定義とその正当性について
  後藤瑞貴(関西学院大学)
  高橋和子(関西学院大学)

[ポスター-6] FOSE2014の開催と目的
  尾花 将輝(大阪工業大学)
  花川 典子(阪南大学)
  杉山 安洋(日本大学)

[ポスター-7] Shiranui: テストフレンドリーなライブプログラミング言語環境
  今井 朝貴(東京工業大学理学部情報科学科)
  増原 英彦(東京工業大学大学院情報理工学研究科数理・計算科学専攻)
  青谷 知幸(東京工業大学大学院情報理工学研究科数理・計算科学専攻)

[ポスター-8] シェルコマンドを型安全に利用するための領域特化言語OCommand
  朝倉 泉(東京工業大学大学院情報理工学研究科数理・計算科学専攻)
  増原 英彦(東京工業大学大学院情報理工学研究科数理・計算科学専攻)
  青谷 知幸(東京工業大学大学院情報理工学研究科数理・計算科学専攻)

[ポスター-9] LLVMを活用した例外処理の実現のためのコンパイラ基盤COINSの拡張
  産一傑(広島市立大学)
  川端英之(広島市立大学)
  北村俊明(広島市立大学)

[ポスター-10] 分析・モニタリングのために作文活動を測定するシステムの設計
  山口 琢(公立はこだて未来大学大学院)
  大場 みち子(公立はこだて未来大学)
  高橋 修(公立はこだて未来大学)

一般セッション (5):システムソフトウェア実装

9月10日(水) 10:00-12:00 (IB011)  座長:光来健一(九州工業大学)

[一般5-1] (特別講演)GPUvm: Why Not Virtualizing GPUs at the Hypervisor?
  Yusuke Suzuki (Keio University)
  Shinpei Kato (Nagoya University)
  Hiroshi Yamada (Tokyo University of Agriculture and Technology)
  ○Kenji Kono (Keio University)
  (USENIX ATC ’14にて発表)

[一般5-2] 仮想マシンモニタによるマルウェアプロセスの実行抑止
  ○本田惇(電気通信大学情報理工学研究科総合情報学専攻)
  高橋一志(電気通信大学情報理工学研究科総合情報学専攻)
  大山恵弘(電気通信大学情報理工学研究科総合情報学専攻)

[一般5-3] Silhouettes: ディスプレイ間を移動可能な人物の実像を用いた情報通知システムの試作
  ○丹羽 佑輔(名古屋工業大学大学院情報工学専攻)
  白松俊(名古屋工業大学大学院情報工学専攻)
  大囿忠親(名古屋工業大学大学院情報工学専攻)
  新谷虎松(名古屋工業大学大学院情報工学専攻)

[一般5-4] 既存プレゼンテーション支援システムのWeb連携に基づく双方向プレゼンテーションの実現
  ○井上良太(名古屋工業大学)
  丹羽 佑輔(名古屋工業大学)
  白松俊(名古屋工業大学)
  大囿忠親(名古屋工業大学)
  新谷虎松(名古屋工業大学)

FOSEセッション

9月10日(水) 10:30-12:00 (IB013)  座長:杉山安洋(日本大学)

[FOSE-1] (特別講演)Controlled Modeling Environment using Flexibly-Formatted Spreadsheets
  Hisashi Miyashita (Cybernet Systems and IBM Research)
  Hideki Tai (IBM Research)
  ○Shunichi Amano (IBM Research)
  (ACM ICSE 2014 (main research track)にて発表)

[FOSE-2] 過去のPBLの情報を用いた工数見積り支援ツールの開発
  ○齋藤 尊(公立はこだて未来大学)
  新美 礼彦(公立はこだて未来大学)
  伊藤 恵(公立はこだて未来大学)

[FOSE-3] プログラム理解のためのコードリーディング支援ツールの提案と実装
  ○大村 裕(東京工業大学・大学院情報理工学研究科・計算工学専攻)
  渡部 卓雄(東京工業大学・大学院情報理工学研究科・計算工学専攻)

PPLセッション (6):言語実装

9月10日(水) 10:00-12:00 (IB014)  座長:千葉滋(東京大学)

[PPL6-1] (特別講演)SML# in Industry: A Practical ERP System Development
  ○Atsushi Ohori (Tohoku University)
  Katsuhiro Ueno (Tohoku University)
  Kazunori Hoshi (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  Shinji Nozaki (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  Takashi Sato (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  Tasuku Makabe (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  Yuki Ito (NEC Solution Innovators, Ltd.)
  (ACM ICFP 2014にて発表)

[PPL6-2] Processingアプリケーション開発のための視覚的ドメイン特化言語の実装
  ○栗原あずさ(法政大学大学院情報科学研究科)
  佐々木晃(法政大学情報科学部)
  脇田建(東京工業大学大学院情報理工学研究科)
  細部博史(法政大学情報科学部)

[PPL6-3] 高レベルLLVMマクロとしてのMetaOCaml
  ○高島 尚希(筑波大学コンピュータサイエンス専攻)
  Oleg Kiselyov(筑波大学コンピュータサイエンス専攻)
  亀山幸義(筑波大学コンピュータサイエンス専攻)

[PPL6-4] Implementing a subset of Lambda Prolog in HyperLMNtal
  ○Alimujiang Yasen(Waseda University)
  Kazunori Ueda(Waseda University)

一般セッション (6):知能,ユーザビリティ

9月10日(水) 13:15-15:15 (IB011)  座長:櫻井祐子(九州大学)

[一般6-1] (特別講演)Two Case Studies for Trading Multiple Indivisible Goods with Indifferences
  Akihisa Sonoda (Kyushu University)
  Etsushi Fujita (Kyushu University)
  ○Taiki Todo (Kyushu University)
  Makoto Yokoo (Kyushu University)
  (AAAI-14にて発表)

[一般6-2] (特別講演)Intelligence Arms Race: Delayed Reward Increases Complexity of Agent Strategies
  ○Hirotaka Osawa (University of Tsukuba)
  (AAMAS 2014にて発表)

[一般6-3] ASIRRAシステムに対する機械的な突破の検証
  ○飯田 貴章(東京電機大学)
  藤本 衡(東京電機大学)

[一般6-4] リモート・ユーザビリティテストの実施容易性と有効性の評価実験
  ○西本光司(公立はこだて未来大学)
  南部美砂子(公立はこだて未来大学)
  伊藤恵(公立はこだて未来大学)

PPLセッション (7):Coq

9月10日(水) 13:15-15:15 (IB014)  座長:中野圭介(電気通信大学)

[PPL7-1] 対話的修正と対象プログラムとの合成手法
  ○森口 草介(関西学院大学)
  高橋 和子(関西学院大学)

[PPL7-2] 検証済みのコードによるCoqからScalaへのコード抽出
  ○逸見 港(東京大学)
  田辺 良則(国立情報学研究所)
  今井 宜洋(有限会社ITプランニング)
  萩谷 昌己(東京大学)

[PPL7-3] Weak HOASを用いたFeatherweight JavaとFeatherweight GJのCoq上での形式化
  ○奥村健太郎(京都大学大学院情報学研究科)
  五十嵐淳(京都大学大学院情報学研究科)

[PPL7-4] Aπ計算のCoqによる形式化
  ○安武祥平(東京工業大学)
  渡部卓雄(東京工業大学)

一般セッション (7):分散システム,言語処理系

9月10日(水) 15:30-17:00 (IB011)  座長:細部博史(法政大学)

[一般7-1] 関数型言語SML#における64ビット対応への取り組み
  ○逢坂 美冬(東北大学)
  佐々木 智啓(東北大学)
  Charles Mejia Cruz(東北大学)
  上野 雄大(東北大学)
  大堀 淳(東北大学)

[一般7-2] 通信制約を考慮した遠隔介護のための適応型コミュニケーション支援システムの実現
  ○片山 真也(名古屋工業大学)
  白松 俊(名古屋工業大学)
  大囿 忠親(名古屋工業大学)
  新谷 虎松(名古屋工業大学)

[一般7-3] 数式処理に基づくハイブリッドシステムシミュレータHyroseの大規模モデルシミュレーションに向けた拡張
  ○河野文彦(早稲田大学大学院基幹理工学研究科)
  小林輝哉(早稲田大学大学院基幹理工学研究科)
  松本翔太(早稲田大学大学院基幹理工学研究科)
  上田和紀(早稲田大学理工学術院)

MACCセッション:ITS×セキュリティ in MAS

9月10日(水) 15:30-16:30 (IB013)  座長:櫻井祐子(九州大学)

マルチエージェントシステム (Multi-Agent System, MAS)とは,複数の自律的に動作する主体 (エージェント) から構成されるシステムを意味します.MASでは,エージェント間の相互作用に関する基礎研究だけでなく,現実社会をモデル化した応用研究も盛んに行われています.本セッションでは,ITSとセキュリティという重要な社会問題に対するMAS研究を紹介します.

講演者:

  林 久志(株式会社 東芝 研究開発センター システム技術ラボラトリー)

  八槇 博史(東京電機大学)

一般セッション (8):ソフトウェア工学

9月10日(水) 15:30-17:00 (IB014)  座長:花川典子(阪南大学)

[一般8-1] BABOKを活用したチェックシートによるRFP評価の試み
  ○斉藤篤史(公立はこだて未来大学)
  伊藤恵(公立はこだて未来大学)

[一般8-2] When Project Centralization and Random Testing Meet –Efficient Automatic Testing of Multiple Software Product Variants–
  ○Lei Ma(The University of Tokyo)
  Cyrille Artho(AIST / RISEC)
  Cheng Zhang(The University of Waterloo)
  Hiroyuki Sato(The University of Tokyo)

[一般8-3] 開発のためのCMMIの成熟度レベルごとの関連プロセス領域ネットワークの中心性可視化
  ○日下部 茂(九州大学)
  林 信宏(九州大学)
  大森 洋一(九州大学)
  荒木 啓二郎(九州大学)